前へ
次へ

インフルエンザウイルスの感染経路は2種類ある

世界の国々でインフルエンザが流行するのには大きく分けて二つの理由がありました。
インフルエンザウイルスは、大別すると、二つの経路を使って拡散します。
一つの経路としては、人間の唾液の飛沫による感染です。
ウイルスに感染している人が、例えばくしゃみをすれば、大量のウイルスを含んでいる唾液が、空気中に拡散されます。
その空気を、同じ場所にいる人が吸い込むと、それでやすやすとウイルスに感染するということになります。
これではたまったものではありません。
マスクをしておくのが有効な対策です。
マスクと言っても、ウイルスを通さないようなタイプのマスクでないと、その効果はありません。
二つ目が感染経路としては接触感染と呼ばれるものがあります。
接触感染は、インフルエンザに感染している人のウイルスに接触することによって広がっていきます。
例えば、ウイルスに感染している人たちが、くしゃみや咳を抑えるために、口元を手で押さえたとしたらどうでしょうか。
その手には大量のウイルスが付着するのではないでしょうか。
それでウイルスが拡散するということです。

Page Top