前へ
次へ

インフルエンザの予防をするためには

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。
インフルエンザに罹ると高熱で何日も辛い日々を送ることにもなりかねませんので、できるだけインフルエンザに罹らないように予防することが大切です。
まず予防方法として行っておきたいのは、ワクチンの接種です。
これは流行する前にしておけば、インフルエンザに罹るリスクを減らすことができますし、万が一罹っても重症化することを防ぐことができます。
つまり、ワクチンの接種がもっとも予防方法としては適しています。
またワクチンの接種以外にも予防できる方法があります。
例えば、流行しだしたらなるべく人混みの中を避けることです。
感染するルートで多いのが飛沫感染です。
これは感染者が咳やくしゃみからウイルスを含むしぶきが飛び散ります。
それによって、周囲にいる人が鼻や口から吸い込んでしまうことで感染しまいます。
人混みの中を歩くとそうしたリスクがありますので、できるだけ人混みの中は避けるのがベストです。

Page Top