前へ
次へ

命に関わるインフルエンザに関して

風邪をこじらせてしまうと、長期の療養を余儀なくされてしまいます。
しかし、普通の風邪であれば療養をすれば完治します。
逆に命に関わるのが、インフルエンザではないでしょうか。
毎年冬になると、全国的な流行を見せるのがインフルエンザです。
予防策としては、うがいと手洗いの励行ではないでしょうか。
人混みに行くのを避けて、マスクを着用するのも大切です。
そして、ありがたいのが特効薬の登場ではないでしょうか。
インフルエンザと判定されると、薬を出してくれて確実に飲むようにして下さい。
熱が下がりますし、全身のダルさが嘘のようになくなります。
ただ、気を付けたいのが潜伏期間です。
自分では万全と思ってはいても、菌が残っていることがあります。
完治する前に学校や職場に復帰すると、迷惑をかけることになります。
医師の判断を仰ぐことが重要ですし、焦らずに治療するようにして下さい。
甘くみないことが、体調管理に役立ちます。
一年を通して元気でいて下さい。

Page Top