前へ
次へ

インフルエンザは予防に徹することが重要です

わが国では毎年冬になると、私たちに脅威を与える病気が流行することがあります。
それがインフルエンザです。
この病気に罹患すると、高熱が発生して、激しい頭痛が起き、全身の疲労感に襲われることになります。
症状が風邪と似ていますが、風邪のようにくしゃみや鼻汁が頻繁に出ることはなく、時々出る程度です。
この病気は罹患するとひどい症状に苦しめられることが多いので、罹患しないように予防に徹することが重要です。
その一つがワクチン接種です。
ワクチンを接種した場合、接種していない人よりも、かなり罹患を防ぐことができます。
またこの病気は人から人へと感染するタイプの病気なので、感染しないような対策を打つことも大切です。
飛沫感染を防ぐために、マスクの着用をすると良いと思います。
またこの病気のウイルスは、湿度が高いと活動しにくくなるので、部屋の湿度を高めにしておくことも大事です。
インフルエンザは怖い病気ですが、一人一人が予防に徹することで、流行を阻止することができるので、冬になったら早めに予防に徹するように心がけることが大切です。

Page Top